« ■第30話 | トップページ | ■第32話 »

■第31話

 朝鮮半島の歴史がもつ極端な屈折は、自分たちの過去に対する極端な劣等感の裏返しと思ってもいいだろう。言葉を変えれば民族的卑屈さに起因する。
 特に韓国は、他国(特に日本)を著しく罵倒し小馬鹿にすることで、自分たちの汚点に目を瞑り、捏造に現実逃避する術を完全に身に着けてしまった。
 そうさせた責任の一端は、長年の自民党による土下座外交だった。向こうを調子づかせたのである。嘘がまかり通る土壌を、自民党がせっせと日本人の血税をばら撒いて応援したからだ。

 結果、朝鮮半島にとって、現実よりも捏造史の方が都合がよくなり、それを妄信する性癖が国民性となった。妄想の方が自分たちを傷つけないため、捏造癖がさらに磨かれて加速したのである。それが今の韓国であり、それを利用する北朝鮮だ。
 特に韓国は妄想を現実として子供たちに教育し、それを信じた世代が法律を作り国策に打って出ている。こうなると一種の国家カルトである。今では、膨大な数の捏造が海を超え国際舞台へ拡大させている。

 2007年春、安倍総理の訪米を狙い、韓国が「従軍慰安婦問題」をアメリカの下院に持ち込んだ。ここまでくると異常だが、韓国の歴史など何も知らない今のアメリカ人たちは、簡単に嘘にだまされた。
 さらに言うなら、日本が今まで戦争の事実を全てうやむやにし、周辺各国にペコペコと謝り続けた付けが、ここに来て韓国に利用されるに至ったのである。
 かくして結果は、席上で4人の元慰安婦(?)たちが泣き叫び、アメリカ人が同情して下院で提出してしまった。
 この光景を見て、昔の日本人なら韓国人の性癖を見て取っただろう。「アイゴーアイゴー」と泣く“泣き女”の職業が半島にあり、葬式などで雇われていたからだ。要は嘘泣き専門の商売女集団が無数に存在していたのである。これも故人と無縁の女を並べて、偉業を誇張する韓国の捏造癖の一つと思われる。

 問題となるアメリカ下院騒動だが、窓口を日系3世議員に置いているところも韓国人のずる賢さが見えてくる。窓口となったマイク・ホンダ議員の選挙区を見ると、中国系アメリカ人地区である。このことから韓国と中国が裏でつるむ構図が見えてくる。
 日本が北朝鮮の拉致を問題にするため、拉致は日本もやっていたと表明することで、日本から莫大な金を引き出そうとしているのだ。
 日系が過去の日本人の罪を暴く光景ほどアメリカ人にとって真実に見えるものはない。第二次世界大戦中、ハワイ出身の二世部隊がヨーロッパ戦線で大活躍し、対日戦略でも通訳などで活躍した日系の存在を忘れていないからだ。
 
 勿論、韓国が裏で莫大な金を寄贈したことは言うまでもない。
 アメリカのロビー活動とはそういうものだし、有名なところではユダヤロビーがアメリカの対イスラム戦争を支え、アメリカで銃規制法案が通らないのも、全米ライフル協会が共和党議員を中心にロビー活動を活発化させているからだ。
 勿論、今回の米下院での従軍慰安婦問題は、北朝鮮も裏で協力している。さらに言うなら、アメリカも本音では協力していると見るべきだ。
 表向きは拉致家族に対して同情を示しても、損得で動くのが国際外交の常である。人道主義は2の次で、それも国家利益として利用するのが国際外交の裏舞台だ。日本人が考えるような甘い世界ではない。

 日本が拉致を問題視し過ぎると、北朝鮮がごねて核兵器を撤廃しなくなることをアメリカは恐れている。そんなとき、アメリカにとって下院決議は日本に対するカードとして利用できる。
 おまけに日本には「河野談話」という、韓国の従軍慰安婦を公式に認める談話を発表するという致命的アキレス腱がある。アメリカはしばらく両睨みで、アメリカにとって有利に動く方を選択するだろう。

 韓国は、それと同じ手口でアジア初のサッカー開催地を日本から韓国に奪うため、莫大な裏金を「FIFA/世界サッカー連盟」の会長と役員たちに渡していたことは公然の秘密になっている。あの共同開催の裏には汚い金が飛び交っていたのだ。
 同様の手口でアジアの審判員たちを買収し、対戦選手の何でもない行為を反則にして退場させたり、ゴールを無効にしたり、韓国選手の反則には目を瞑らせた。そのあまりの露骨さが欧州各国で問題となり、途中で韓国の息のかかったアジア系審判たちは全て代えさせられている。その後、韓国は敗退するのである。
 その韓国を最後まで応援していた日本人の甘さ加減には目を覆うしかない。

 さらに韓国は、カナダの下院外交委員会にも訴え、何も知らないカナダ議員たちが日本に対して、元従軍慰安婦たちに巨額の賠償請求をすることを可決した。
 韓国が提出した従軍慰安婦の数は何と数万人・・・・・いつの間に増えたのだ?
 韓国人の売春婦の数は、日本が統治する日韓併合前から無数に存在していただろう。いったい日本の外務省は何をしているのだ?
 この韓国人の捏造を公式に認め、謝罪したのが自民党の河野洋平議員だが、政治家としてどう責任を取るつもりだ?
 その河野洋平個人を毎回選挙で選出する、「神奈川17区(小田原市、秦野市、南足柄市、足柄上郡、足柄下郡)」の選挙民たちも、どう責任を取るつもりだ?

 最悪のケースとして、日本は北朝鮮のATMとして各国から利用され尽くすのである。
 そして莫大な借金を抱える日本は、小泉自民党と創価学会に騙された挙句、最低生活も維持できない状況で永遠にもだえ苦しむことになる。■

|

« ■第30話 | トップページ | ■第32話 »

対韓国問題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216235/15704345

この記事へのトラックバック一覧です: ■第31話:

« ■第30話 | トップページ | ■第32話 »