« ■Bー21 「中国人100万人移民計画」 | トップページ | ■Bー23 「世論」&「輿論」!! »

■Bー22 執行猶予消滅!!

 回の「衆議院選挙」で、有権者の票が自民党に雪崩をうって流れ込んだのは、「郵政民営化」を考えて云々ではなかったと思われる。
 当時の小泉首相が「自民党をぶっ壊す」と言ったので、多くの人々が感銘を受けて小泉自民党を支持したのだ。
 ところがどうだったか?

 ほとんどの改革は官僚に「丸投げ」し、到底改革とはいえない誤魔化しに徹し、小泉が追い出したのは、ほとんど旧田中派の連中だった。つまり小泉の言う自民党を潰す意味は、田中派を潰す極めて私的な恨みを、言葉巧みに国民を利用して実行したに過ぎなかった。

 小泉自民党が総出でやったことは、「アメリカ式グローバルスタンダード」を日本に持ち込み、地域格差年齢格差教育格差収入格差医療格差を生み出しただけである。
 その間、「年金制度」は崩壊し、「セフィティネット」はズタズタに切り裂かれた。

 自民党への「執行猶予」だった4年間を国民はじっと見ていたが、それに無頓着だったのが当の自民党である。

 追い出された反小泉議員の多くは、安倍元首相によって、多くが復党した。一体何のための「抵抗勢力」だったのか?
 自民党の中で決着しても、国民の間では全く決着していなかった。にも関わらず、安倍首相と同じく国民の審判を受けない福田首相が国政を動かし、最後も安倍と同じく国政を投げ出してしまう。

 さらに麻生首相の代に、最悪となる。漫画しか読まない麻生が首相に着くや、言うことがコロコロ変わるブレまくり政治を行い、小泉選挙の300議席の票数を悪用して「強行採決」の連発政治を徹底させた。

 執行猶予とは、自民党が自らを立て直す期間だった。が、当の自民党の国会議員どもは、300議席に胡坐をかき、好き勝手な政治を行ない続ける!!
 

  衆議院選挙を先に伸ばしに伸ばす戦略に徹し、国民審判も受けず,ダラダラと選挙の先延ばしを図る麻生の態度に国民の怒りはピークに達する。

 その間に、党内から尻に火がついた麻生は、己の権力の座を守るためだけに「解散総選挙」に打って出る。それが見え見えなだけに、「行動力」「責任力」と言う麻生の言葉は、国民を愚弄する詭弁にしか聞こえない。 

 かくして自民党への執行猶予期間が終わったにもかかわらず、自民党の国会議員だけは「KY 」で選挙に突入していった。 

 今回の「民主党圧勝!自民党完敗!」は、なるべくしてなった当然の結果である!! 

 創価学会(公明党)の連帯責任も当然だ。彼らがやったことは、自民党の延命に協力する小手先政策を連発し、何ら根本的改革も行わなかった。

 元々、「宗教分離」を掲げる“憲法違反”の政党である。憲法違反は法律違反よりも罪が重いだけに、悪質でろくなものではない。

 可能なら、早々に以前から懸案事項だった「池田大作名誉会長の国会召喚」を実行し、公明党という癌を解散させねばならない。

 創価学会の根幹は、日蓮が唱えた「神道否定と天皇否定」にあるからだ!!
 

|

« ■Bー21 「中国人100万人移民計画」 | トップページ | ■Bー23 「世論」&「輿論」!! »

日本国内問題」カテゴリの記事