« ■Bー43 日本の四大新聞は不要!! | トップページ | ■Bー45 民主党は発足当時から2分する運命にあった »

■Bー44 唯一の民主党の失敗

 「四大新聞」に倣って、関連TV局も新聞と横並び報道に入ったようだ。最近では、アメリカの機嫌を損ねたとする報道が過熱し、アメリカの奴隷として、ご主人であるアメリカ様に対して恥ずかしいという報道一色で染まっている。

 言っておくが、「ワシントンポスト」は元々日本人を見下げてきた極めて人種差別的な新聞である。

 その新聞に、日本人が総選挙で正式に選んだ政党の代表を、「不運で愚かな日本の首相」と言われ、腹を立てるどころか、恥じ入り、恐れ入り、反省し、平伏する今の日本人とは一体何なのだ?

 鳩山民主党が唯一失敗したのは、選挙で約束した「キャリア官僚全員に辞表を出させる!!」行為を後回しにしたことだだろう。その結果が今の有様だ。

 結果どうなったか。新人の下っ端官僚は民主党の改革に比較的前向きの姿勢をとったが、キャリア官僚は生き残り、最近の「霞ヶ関の反乱」の総指揮をとっている。

 内に敵を抱えた軍や国は体を成さない…結果が今の「背後から弾が飛んでくる」有様だ。

 各省庁のキャリア官僚が、貪欲なマスコミを相手に自由に発言し、裏から様々な妨害行為を開始している。

 本来であれば与党側の実戦部隊の「検察」も、民主党の親分2人をターゲットに逮捕をチラつかせたが、検察トップの首を変えることが出来ない状況に陥っている。

 挙句の果、検察を仕切るはずの民主党・中井洽国家公安委員長までが標的にされ、くだらない路上キス(トリック撮影)問題で辞任寸前に追い込まれた。

 要は「友愛」では「伏魔殿」の改革などできるはずはないということだ。

 あのイエス・キリストでさえ、守銭奴の巣窟と化した神殿の中で鞭を振るったはずで…利権にまみれた検察やキャリア官僚に対し、一般庶民と同じ友愛を示しても、せせら笑われるだけである。

 民主党の失敗といえば、対官僚対策を後回しにした優先順位の誤りしか見出せない。が、有権者の方もこれまた異常である。

 これまで60年も自民党の悪政に我慢してきた有権者にしては、民主党の改革には無茶苦茶に性急なのはどういうわけだ?

 それまで自分たちの仕出かした付けを、民主党だけに全部背負わせたいのか?

 自民党に対してしてきた、“気の長すぎる姿勢”は何処へ行ったのだ?

 それとも「ローマを一日で成らしたい」というのか?

 だとすれば、やはり頭の程度は14歳児並ということだろう。

 明治政府でさえ幕藩体制を見直し、新体制の移行までに10年以上も要している。が、今の日本人は8ヶ月も我慢できないらしい。いつの間に性急な民族に変わったのだ?

 のんびり屋からあわて者へ、金持から極貧へ、海外進出からパラダイス鎖国へ…やはり、この民族は「中庸の民」などではない。

 尻に火が付くと簡単に180度も変貌する、分けの分からない「偽の中庸の民」である。

 だからマスコミに踊らされて“視野狭窄”に陥り、“鳥瞰図的な目”で全体を見通せない。

|

« ■Bー43 日本の四大新聞は不要!! | トップページ | ■Bー45 民主党は発足当時から2分する運命にあった »

日本国内問題」カテゴリの記事