« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の3件の記事

■DVD新発売!!

【円盤屋】DVD3種類

①飛鳥昭雄のエクストリームサイエンス

「2011・9・9 飛鳥昭雄 緊急直言」DVD2枚組(特典映像付き)

Img_enbanya_tv1_2
日本経済に陽はまた昇るのか。
世界経済の行方は。
すでに敗北。国家戦略の無い日本経済。
崩壊する日本経済にとどめをさした菅前首相。
アメリカ原理主義、イスラム原理主義
世界はこの2つの原理主義に
破滅させられるのか。
米ドル最悪のシナリオ。
陽はまた昇る。黄金の国ジパングの復活。

販売価格:4,000円(税込)
DISC 1
  2011年9月9日 生放送前半部分(97分26秒)
DISC 2
  2011年9月9日 生放送後半部分(41分21秒)
  ※特典映像(12分33秒)
   この特典映像には
   生放送終了後の飛鳥昭雄と天の声(えりいさん)との
   リラックスした雰囲気が伝わる映像が収録されています。
   他では見る事が出来ない
   飛鳥昭雄の素顔を見る事が出来ます。

②飛鳥昭雄のエクストリームサイエンス

「近代フリーメイソンと日本との関係」

Img_enbanya_tv
カテゴリー : DVD , DVD : 飛鳥昭雄
天皇をフリーメイソンのグランドマスターに
任命し日本統治に利用しようとした
マッカーサー(フリーメイソン上位階メンバー)の
策略はなぜ失敗したのか。

ピラミッドアイの謎を解く鍵は日本に存在する。
日の丸が全世界に向けて宣言していることとは。
近代フリーメーソンのルーツは
     アダム~ノア~イエスキリスト。
イエスキリストの系譜から推考すると、
日本は世界において非常に大きな意味をもつ
国家として存在する。
日本復活の鍵、それは天皇。

収録時間:74分14秒
販売価格
3,150円(税込)

③飛鳥昭雄のエクストリームサイエンス

「伊勢神宮最大ミステリー」

Img_enbanya_tv0_2
古事記、日本書紀の時代から続く
壮大なトリックが
今、明らかになる。
伊勢神宮に祀られている主祭神の正体とは。
伊勢神宮、そして天皇家が隠し続けなければ
ならない三種の神器の謎。
そして
世界終末の時、イエス キリストは復活するのか。
その時、天皇が果たす重大な使命とはなにか。

収録時間:74分14秒
販売価格
3,150円(税込)

●お申し込みは以下の所へ

http://ec.enbanya.tv/

【コミュニケーション・アイ】DVD3種類

①第5回飛鳥昭雄講演会in名古屋

『古代日本の真相!「秦氏と物部氏の謎」』

今回の質疑応答は「東日本大震災&原発事故で日本はどうなる!?」がテーマ。

35285046

【内容】3枚セット
1.DISC1・・・講演会(1時間31分) 
2.DISC2・・・質疑応答(1時間1分)
3.DISC3・・・特典映像 懇親会(1時間49分)
【価格】5,000円

②第1回「世界の最先端情報から近未来を知る/新時代先取りセミナー」
(2011年6月11日、東京にて開催)

35289663

2011年3月11日・・・ この日は我々日本人にとって忘れる事のできない日になりました。
未曾有の「東日本大震災」はなぜ起こってしまったのでしょうか。
この時起きたM9.0の地震は、本当に自然災害なのでしょうか。
いずれにしても、この大震災を境に、いよいよ終末の世が到来した感が否めません。
今回は、飛鳥昭雄先生が、大震災の真相を含め、この終末の世を生き抜くための最先端情報を我々に伝えて下さいます。
この講演会の内容は、きっとこれから我々が生きていく上での有意義な道しるべとなることでしょう。
ぜひこの機会にこのDVDを入手して、これからの厳しい時代を生き抜く術を身に付けてください!

【内容】2枚セット
1.DISC1・・・講演会(1時間56分) 
2.DISC2・・・質疑応答(1時間3分)
【価格】4,000円

③第2回「世界の最先端情報から近未来を知る/新時代先取りセミナー」

(2011年6月18日、東京にて開催)

第1回とは内容が違うため、第1回と第2回で合わせて一つの情報となります!!

35289702

【内容】2枚セット
1.DISC1・・・講演会(1時間35分) 
2.DISC2・・・質疑応答(1時間1分)
【価格】4,000円

●お申し込み先は以下の所へ

http://shop.communication-ai.com/?mode=cate&cbid=594453&csid=0

 

|

■期間限定PR

■コミュニケーション・アイ/DVD

●第5回飛鳥昭雄講演会in名古屋『古代日本の真相!「秦氏と物部氏の謎」』

今回の質疑応答は「東日本大震災&原発事故で日本はどうなる!?」がテーマ。
【内容】3枚セット
1.DISC1・・・講演会(1時間31分) 
2.DISC2・・・質疑応答(1時間1分)
3.DISC3・・・特典映像 懇親会(1時間49分)
【価格】5,000円

35285046

●第1回「世界の最先端情報から近未来を知る/新時代先取りセミナー」
(2011年6月11日、東京にて開催)
2011年3月11日・・・ この日は我々日本人にとって忘れる事のできない日になりました。
未曾有の「東日本大震災」はなぜ起こってしまったのでしょうか。
この時起きたM9.0の地震は、本当に自然災害なのでしょうか。
いずれにしても、この大震災を境に、いよいよ終末の世が到来した感が否めません。
今回は、飛鳥昭雄先生が、大震災の真相を含め、この終末の世を生き抜くための最先端情報を我々に伝えて下さいます。
この講演会の内容は、きっとこれから我々が生きていく上での有意義な道しるべとなることでしょう。
ぜひこの機会にこのDVDを入手して、これからの厳しい時代を生き抜く術を身に付けてください!
【内容】2枚セット
1.DISC1・・・講演会(1時間56分) 
2.DISC2・・・質疑応答(1時間3分)
【価格】4,000円

35289663

●第2回「世界の最先端情報から近未来を知る/新時代先取りセミナー」

(2011年6月18日、東京にて開催)

第1回とは内容が違うため、第1回と第2回で合わせて一つの情報となります!!
【内容】2枚セット
1.DISC1・・・講演会(1時間35分) 
2.DISC2・・・質疑応答(1時間1分)
【価格】4,000円

35289702
【お申し込み先】

http://shop.communication-ai.com/?mode=cate&cbid=594453&csid=0

 

|

■B78 韓国デフォルトに日本はドイツにされる!!

 ネットで“マスゴミ”と揶揄され、原発事故以降、“嘘つき”のレッテルを貼られた地上波TV局は、フジテレビを見るまでもなく“韓国重視で突っ走っている。

 韓国にとって都合の悪いことは、遠慮して報道しない、一種の自粛体制が出来上がっている。

 今、韓国は日本の真似とパクリで大儲けを繰り返し、海外からの投資熱も加速して、国際的にも「G20」に加入し、2018年「冬季オリンピック」の開催権も勝ち取った。何の打つ手もない日本を余所に、順風満帆の経済成長である。

当然、韓国の右翼は、馬鹿な日本(日本人)を朝鮮民族より劣る「」と表現し、韓国の若者層は、日本のパクリで大儲けする韓国経済の勢いに乗じ、クレジットカードを湯水の如く使いまくり、自己破産も恐れない!!

 その韓国経済が、今、非常に危ない危険水域に入っている。

 お祭り騒ぎだった韓国の勢いはいつまでも続かない。9月30日、金融監督院は韓国のいびつな市場態勢を調査し、上から2番目に危険な「警戒水域」へと引き上げた。

 通貨ウォンが、わずか2カ月で対ドル12パーセント安を計上してドル高が一気に加速、世界主要21カ国通貨の中、対ドル値下がり率世界最高水準に達したのだ。

 金融委員長のキム・ソクドは「明らかに平穏な有様ではない」と警告したが手遅れで、一気に国内設備投資が鈍り、若者層の雇用停滞が加速、物価上昇も加速しはじめた。

 韓国経済の勢いは、高水準の日本人技術者を一本釣りし、日本のコピーを大量生産で安売りし、海外シェアーを日本から奪い取る構造だった。

 今や、日本自動車も凌駕しそうなヒュンダイの国産自動車市場シェアも、傘下の起亜自動車を含めると、国内自動車産業の8割を超える。これを日本に置き換えると、トヨタ以外にダイハツしかない有様である。日産もホンダもスズキも全くない歪な構造だ。

 家電を見れば一目瞭然で、サムスンとLGしか存在しない。これが韓国流のし上がり法で、 その構造が、国際資金の世界的逆流の中、債務超過のデフォルト(債務不履行)目前に陥った。

 韓国の独占企業が公益性を無視し、国内事情に目を配らない状況は、1988年の「ソウルオリンピック」を前にした状況と似てきた。当時、韓国経済は破綻し、IMFが強制介入する羽目に陥った。

 その前に、当時の自民党政府は韓国に騙され、莫大な資金を吸い取られて、最後に踏み倒されている!!

 当時、ウォンが1500ドル以下に暴落し、韓国がゲームセットになる寸前、韓国のマスコミが、一斉に「韓日財政政策協議強化!!」「域内基金早期設立一致!!」というデタラメ記事をアップしはじめる。

 800億ドル規模の「アジア通貨基金/AMF」が韓国を支援すると報じたわけだが、AMFなら事実上日本の資金なので、踏み倒しても屁でもない。事実、韓国に引き込まれた自民党によって、日本の金は実質上踏み倒され、当時の韓国人の頭に、簡単にだませる“”のイメージが定着する。

 さらに自民党は、盗人への追い銭とばかりに「日韓基本条約」を担ぎ出し、有償2億ドル(当時の720億円) 無償3億ドル、民間で3億ドルも献上した。勿論、これも踏み倒されている。

 韓国がデフォルトに陥り始めた今、再び韓国は日本から莫大な資金を奪い取る動きを見せ始めた。分かりやすく言えば、EUで起きている債務不履行に陥った「ギリシア=韓国」に見立て、ギリシアに全面援助する「ドイツ=日本」に見立てれば、「日本は韓国をドイツのように助けねばならない」「それが先の戦争の韓国への謝罪につながる」という、身勝手な屁理屈だ。

 今の政治を見ると、民主党も自民党も“韓国擁護”で頭が上がらない状況がつづいている。

 NHKを筆頭にマスコミが韓流ドラマを席巻させ、その影響を受けたオバタリアンが熱狂し、若い娘も東京の新大久保に入り浸って韓国様と喚いている。

 IMFがヨーロッパを救うことに必死で、資金の大部分をヨーロッパにつぎ込む状況を思えば、韓国が馬鹿な日本人を、以前と同じ方法で騙し、韓国人のために日本人の財産を献上させることなど簡単だろう。

 そして再び踏み倒せば、竹島も返す必要もなければ、猿民族と馬鹿にしつづけることもできる。万々歳という仕組みが目の前に迫っているが、マスコミはその報道を自主規制で流さない。

 あれほどの原発事故を起こした「東電」にでさえ、“大増税”と“電気料金アップ”で助ける民族なので、韓国にも平気で大増税で助けることになるだろう!!

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »