« ■Cー7/無能国家vsゴロツキ国家vsチンピラ国家 | トップページ | ■Cー8/「京」に見える日本政治!! »

PR

第1回飛鳥昭雄 沖縄講演会vol.1

『失われた琉球民族

沖縄ロゼッタストーンの謎!」』

B2ad1

http://shop.communication-ai.com/?pid=48016891

1933年、嘉手納町にある「野国総監」の墓付近で発見された謎の線刻石版。その後も沖縄の各所から発見され現存するもので12枚という。表面には、様々な奇妙な文字と記号が刻まれている。しかしながら今現在、解読することは出来ず各博物館に展示されている。
この正体不明のタブレットは何処の誰が刻んだ物なのだろうか?そこには邪馬台国と琉球民族の繋がり、そして遠い過去と現在そして未来をつなぐメッセージが!?それら全てを今「サイエンスエンターティナー飛鳥昭雄」が解読し暴露する!

2012年5月12日(土)沖縄県那覇市にて開催
主催:飛鳥昭雄公式ファンクラブ 

■内容:2枚1セット 
 DISC1 
  ・沖縄県立博物館での解説~沖縄ロゼッタストーンについて~ (6分)
     ※ライブ音声と参考画像のみ
      博物館内では撮影が禁止されておりますので、音声はライブ録音ですが、
            映像や画像はございません。
      音声解説の理解の一助として、講演会用の画像を使用しております。 

  ・第1部 (1時間51分)
      琉球タブレット「沖縄ロゼッタストーン」について詳細な解説が行われます。
      世界史に大激震を与えかねないこのロゼッタストーンには、
            琉球民族のルーツと古代マヤ人との関係や、弥生人との関係にも言及しています。
      また、邪馬台国論争に終止符を打つ卑弥呼の都の真実も語られています!

 DISC2
  ・第2部 (38分)
      引き続き琉球民族と弥生人、さらには大和民族や古代イスラエル人との関係についても解説しています。
 
  ・第3部  (1時間5分)
      質疑応答から始まり、琉球王朝の歴史などについての専門的な質問に答えています。
      最後には、尖閣諸島など多くの問題を抱える沖縄の解決策として、
      先生独自の沖縄独立論をお話なさっています。

 

■価格:¥4,000(送料別¥300)

|

« ■Cー7/無能国家vsゴロツキ国家vsチンピラ国家 | トップページ | ■Cー8/「京」に見える日本政治!! »

ニュース」カテゴリの記事