« ■2016年12月後半 | トップページ | 2017年1月元旦 »

★バラク・オバマ政権

アメリカの大統領が新しく代わる1月20日まで、バラク・オバマとヒラリー・クリントンは、何を仕出かしても誰も止められない危険水域に入った可能性がある!!!!
 
かつてない暴挙がなければ、日本は助かったことになる。
日本に異常事態が無ければ幸いということだ。
 
危機管理の基本は最悪のことを想定することである。
 
何事もなく「大統領就任式」が行われれば、取敢えず日本の無事を喜ぶべきだろう。
 事実、そうなる可能性も高い。
 
それから先は、神の領域である。
 
 
 

|

« ■2016年12月後半 | トップページ | 2017年1月元旦 »

ニュース」カテゴリの記事