« ■2017年6月初旬PR(2) | トップページ | ■『「飛鳥堂」夏のDVD祭り!!』予告編&他(^^♪ »

■2017年6月中旬前PR&「ドナルド・トランプという現象(第7回)」

★★★★★★★★★★★★★
 
ドナルド・トランプという現象「第7回」更新!!
000
coco ♀ 2014 askadoⅠ<ねんどろいどcoco>
★★★★★★★★★★★
Photo_2
早割期限迫る!!
6月12日(月曜日)いっぱいまで!!
 
第3回『ASKAハイパー・プレミアム3』
☆日時:2017年6月17日(土曜日)
Dsc09211_2
 
 
●『ASKAハイパー・プレミアム3』
DVD(4枚1セット)第1回&第2回分を
講演会場にて先行販売致します!!
Ahp01_3
▲『AHP3』第1回(4枚入り)/税込8000円(概算1枚2000円)
※バラ売り不可
『オカルト現地取材報告シリーズ:第1回/エリア51』
『オカルト・スペシャルセミナー・シリーズ:第1回/ドッペルゲンガー』
『世界終焉カウントダウン・シリーズ:第1回/AI:人工知能の登場』
『質疑応答』
 
Dvdahp2_2

▲『AHP3』第2回(4枚入り)/税込8000円(上記と同じ)
※バラ売り不可
『オカルト現地取材報告シリーズ:第2回/座敷わらしの緑風荘(火災消失前)』
『オカルト・スペシャルセミナー・シリーズ:第2回/超能力』
『世界終焉カウントダウン・シリーズ:第2回/2017世界経済爆滅の開始!』
『質疑応答』

●講演内容

①籠神社」取材の顛末と裏事情
②本当は怖い「妖精」の地獄
③「第三次世界大戦」勃発のカウントダウン
④質疑応答
 
●入場料:
早割:8,000円
普通予約・当日券:1万円
 
●入場チケットの購入方法:
 
1:EventRegist---クレジットカード専用です。
  
2:郵貯---郵貯専用

 

郵貯→郵貯 10600  41263151 
           サトウアキノブ

銀行→郵貯      068  4126315
           サトウアキノブ

◎プログラム

13:30 受付開始
14:00 第1部(1時間半)
オカルト現地取材報告:第3回
『「籠神社」取材の顛末と裏事情』
15:15~15:30 休憩

15:30 第2部(1時間半)
オカルト・スペシャルセミナー:第3回
『当は怖い「妖精」の地獄』

16:45~17:45 大休憩

17:45 第3部(1時間半)
『世界終焉カウントダウン:第3回
『「第三次世界大戦」勃発へのカウントダウン!!』
19:00~19:15 休憩

19:15~20:00 <質疑応答編>
【自由解散】
20:00~21:00 物販&サイン会
Dsc00568  
●会場:
「KFCホール両国」:11階113号室
〒1300015 東京都墨田区横網一丁目6番1号
TEL:03-5610-5801 FAX:03-5610-5891

http://www.tokyo-kfc.co.jp/access/
 
 
C1o9nvpuuaev9ut
■地下鉄
都営地下鉄大江戸線「両国駅」A1出入口より徒歩0分。
■JR中央・総武線「両国駅」東口より徒歩約6分。
東口改札を出て左へ向かい、線路沿いを進み、突き当たり大通りを左折し、ガードをくぐり、約200m先の「第一ホテル両国」に隣接する「国際ファッションセンタービル」内に会場あり。
■JR中央・総武線「両国駅」西口より徒歩約7分。
 両国中学校と江戸東京博物館の間のレンガ道を進み大通りを左折し、「第一ホテル両国」に隣接する「国際ファッションセンタービル」内に会場あり。
 
講演会に対するお問い合わせは event@akio-aska.com まで。
当日の連絡先:askado_ibento_toujitu@yahoo.co.jp

※早割でない普通予約・当日券(1万円)をご購入の方の内、以下の方のみ、代金の一部を受付で返金します。
・「飛鳥塾修了証」提示者は10%還元。 ・顔写真付き「学生証 (現役学生)」 提示者は20%還元。 ・20歳未満の「運転免許証」「パスポート」提示者は20%還元。なおこれらは併用できません。

C18ltz1veaeqdjr

●ポイントカード制:
ASKAハイパー・プレミアム3に10回参加で、次回1回分が無料になります。
 
20170217_4853162
 
●料金キープ・システム:
※「ハイパー・プレミアム3」だけで、「プラ散歩ぃ」には適応していません。
 
※チケットを購入された代金は払い戻しはできませんが、次回に参加される場合でも安心の「料金キープ・システム」を導入!これで欠席した回の予約金を、次回以降に繰り越せるようになります!
※2か月毎に同じ所を使う「飛鳥堂」独自のシステムで、予約後に参加できなくても、その料金は次回、それ以降にも持ち越せ、安心した早割予約が可能になりました!!

 
  
★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★
☆残席後わずか!!
申し込み打ち切り迫る(^^♪
 
Katsushikahanabi01_2
 
2017年7月25日(火曜日)
 葛飾柴又納涼花火大会(^^♪』
753
参加人数:限定10人(座席数の関係)
※飛び込み参加&途中合流はできません‼
 
時間帯:18:00集合~22:30解散
花火大会終了後に鰻専門店に移動します!!
参加費:1万円
 
Img_01
有料特別観覧席代+鰻(ウナギ)和定食代を含む!!
※入金後の返金は出来ません。
 
申し込み方法:mailの事前申し込みが前提になります!!
event@akio-aska.com
 
 
★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★
 
ドナルド・トランプという現象/第7回
0000_2
 
ここで何度でも言っていることだが、ドナルド・トランプ大統領は、国際社会の歪が頂点に達した時に現れた現象であり、旧世界から新世界へ急激に移行する時代の象徴に過ぎない。
 
だから旧体制側がいくら結束し、血眼でトランプを追い落とそうと躍起になっても、時代の流れを変えることが出来ず、旧体制は恐竜のように絶滅するしかない。
 
いや、既に「ワシントン・ポスト」や「ニューヨーク・タイムズ」を見るまでもなく、アメリカ最大の旧世界の代表と言えるマスメディアは、購読者数が激減し、「ピュリッツァー賞記者」でさえ解雇せざるを得ないほど疲弊した絶滅種だ。
 
今更、絶滅種が手を結んでトランプを追い落とそうと躍起になっても、時代が彼らを求めておらず、アメリカ政府の「CIA」や「FBI」も、時代に見捨てられる絶滅種である。
 
世界の富を独占してきた世界的な「グローバル企業」でさえ、もうすぐアメリカで可決される「タックスヘブン(合法的脱税)防止法」で、貯めに貯め込んだ莫大な財を身ぐるみはがされる運命にある。
 
そういう前提でトランプは動いており、今回の原子力空母「カール・ビンソン」の日本海への派遣も、北朝鮮が相手ではない。アメリカの機動部隊が日本海を目指したのは、中国が相手だからである。
 
最近、横須賀港で修理中だった第7艦隊の主力空母「ロナルド・レーガン」の出航命令がトランプ大統領から発せられたが、この強烈な打撃群は小国相手での規模ではない。
 
北朝鮮問題はその布石に過ぎず、その裏では、トランプ大統領の作戦が確実に決行されていた。
 
それは朝鮮半島の緊張が高まる中で行われた韓国の選挙運動の最中を狙って行われた。中国が激怒する最新型の地上配備型迎撃システム「THAAD(終末高高度防衛)」の配備が決行されていたのである!!
 
北朝鮮の国営通信「KCNA(朝鮮中央通信)」は、5月30日、アメリカに対して「馬鹿げた軍事挑発に伴う破局的な結末を熟慮するよう」促したが、もちろん北朝鮮にも益がある演出である。
 
北朝鮮がミサイル発射実験を繰り返し強行しても、アメリカの機動艦隊の攻撃を受けないのは、トランプの矛先が中華人民共和国と習近平だからだ。
 
案の定、中国が最も嫌う「THAAD」を、一連のどさくさに紛れて韓国に配備してしまった。
 
従北親中を掲げて当選した文在寅(ムン・ジェイン)が大統領に就任して驚いたのは、選挙のどさくさに韓国に持ち込まれた「THAAD」の特殊車両システムが4セットもあったことだ。
 
そのTHAAD撤廃など、韓国がアメリカのトランプ大統領に通告など、新参者に過ぎない文在寅(ムン・ジェイン)にできるわけがない。
 
これで中国は「ICBM(大陸間弾道弾)」「IRBM(中距離弾道弾)」を発射しても、高高度で迎撃されることになる。
 
中国は韓国を威圧するにも、朝鮮半島沖にアメリカの機動艦隊が2セットも揃っていては押し黙るしかない。
 
これは北朝鮮が中国を見限ってロケットを発射していたのであり、アメリカに向けた祝砲だったのである。
 

★★★★★★★★★★★★★
★★★★★★★★★★★★★
 
 

|

« ■2017年6月初旬PR(2) | トップページ | ■『「飛鳥堂」夏のDVD祭り!!』予告編&他(^^♪ »

ニュース」カテゴリの記事